インフォメーション

明日 和の日 自家製鶏団子と聖護院大根の煮込み

大根の他にネギ白菜と豆腐の入った具沢山な煮込みです。

ライス・漬物・ドリンク付 ¥900

体の温まる体に優しい内容となっております。

 

京都の伝統野菜  聖護院大根について

聖護院大根(しょうごいんだいこん)はカブラのような丸い形のダイコンです。 京野菜の1つで、京都の冬には欠かせない食材です。「形がちょっと変わっているだけ。」「たかがダイコン。普通のと変わらない。」と思ったら大間違い。 煮るとたいへん軟らかく、味がしみ込みやすくて、とろけるような口当たり。
通常のダイコンと比べると、倍以上の値の高級品ですが、一度は食べてみる価値のあるモノです。

このダイコン、初めから丸かったわけでは、ありません。初めは、普通の長いダイコンだったのです。
誕生地は京都市東部の、左京区聖護院地区です。江戸時代後期の文政年間、聖護院の東の「黒谷」と云うところに光戒光明寺というお寺があり、ここに尾張の国からダイコンが奉納されました。 聖護院の農家がそのダイコンを貰いうけ、何年も大切に育てていると、どういうわけか丸くなってしまいました。これが聖護院大根です。
聖護院大根の旬は、12月~2月。

皆様のお越しお待ちしております♪

下田 カフェ ランチ CAFE CHITOSEYA

トップへ戻る